言われたことを契約書にするだけではありません。依頼人様の思い、生活環境、人間関係、家族構成、取引先との関係など、しっかりお聞きして、先を見据えた(トラブル防止、関係改善など)契約書を作成します。

例えば…

金銭消費貸借契約書(借用書)の作成依頼を受けた場合

万が一、満足な返済を受けることができなくなった場合、相手の財産を差押えてでも弁済してほしいところ…しかし、契約当初からすでに相手に財産がなかったら…。相手が住んでいる不動産などを調べて、所有者をあらかじめ確認するお手伝いをいたします。

養育費や生活費の取り決めに関する書類作成の依頼を受けた場合

家庭裁判所で参考にされている養育費・婚姻費用算定表に基づき、目安となる毎月の養育費や婚姻費用をアドバイス、また、財産分与に関することなど、しっかりご案内いたします。もちろん、約束通りの支払いがない場合に備える強制執行についてのお話もさせていただきます。

介護疲れのご褒美となる契約書

依頼人様やご家族の生活状況や家族構成などしっかりお聞きして、場合によっては遺言書の作成をお勧めします。そして、介護される人、介護する人双方にとって利益となる契約書など適宜御案内いたします。