暮らしの中(私生活、仕事)でのトラブルを当事者同士で解決し、その内容を記した書類を、示談契約書、又は和解契約書といいます。

・不倫行為の慰謝料
・交通事故により、車を損傷させられた
・暴力を振るわれケガをした
・その他

例えば、暴力を振るわれてしまいケガを負わされ、被害者は50万円を加害者に請求したが10万円しか払わないと言われた場合、双方が一定の譲歩をして、30万円で賠償金が決まったとします。このような合意内容を書類したのが示談書です。このように示談した場合には、あとで「言った言わない」といったトラブルを防ぐため、示談書は必ず作成する必要があります。

示談契約書や和解契約書は、当事者双方にとっても必要なこと

示談書や和解書には、合意した内容(金額、支払方法など)はもちろん、「清算条項」もしっかり盛り込みます。「清算条項」とは、当該示談書に定める以外に何らの債権債務もありませんよ、とお互いに確認する条項のことです。当事者のトラブルを最終的に解決するために契約書を作ったはずなのに、今後蒸し返されたりする可能性もゼロではありません。

例、「甲及び乙は、本件に関して円満に解決したことを確認して、甲及び乙には前条により発生した損害賠償請求権、債務以外何らの債権債務のないことを確認した。」

また、金員の支払いについて、合意した約束が守られなかった場合、「強制執行認諾条項」付きの公正証書を作成しておけば、もし相手が約束を守らない場合でも裁判所の判決などを経なくても、強制執行手続きに移ることができます。

最後に「示談契約書」と「和解契約書」の違いは??

暮らしの中(私生活、仕事など)でのトラブルを裁判によらず当事者間の話し合いで解決すること。和解は当事者が互いに譲歩して争いをやめる契約。互いに譲歩した示談は和解。裁判所で成立した和解は、調書に記載されると確定判決と同じ効力を持ちます。