1 外国向け文書の認証について

 

外国で手続(結婚・離婚・留学・会社設立・企業間取引・出生・ビザ取得・その他)を行う際、その提出する書類にアポスティーユ(Apostille)を受けることを要求される場合があります。外国向け私文書の認証は、以下のどの認証にあたるのか、提出先の国はどこか、誰の署名が必要なのかなどといったことから、認証の要式や内容が異なります。

 

  • 目撃認証 署名者本人が、公証人の面前で文書に署名します。
  • 自認認証 署名者本人が、公証人の面前で文書に署名したことを自ら承認します。
  • 代理自認 代理人が、公証人の面前で署名者本人が文書に署名したことを自認した旨陳述します。
  • 宣誓認証 嘱託人が、公証人の面前で文書の内容が事実であることを宣誓し、文書に署名又は署名を自認する旨陳述します。

外国に提出する書類に関するアポスティーユや公証人の認証についてお困りの方は、当事務所まで御相談ください。

 

 

2 外国向け文書の認証手続についての流れ

 

(1) お問合せ

提出する国や文書について

(2) 御返答・お見積り

手続に要する時間や報酬について

(3) 請求書の送付・お振込

請求書を送付いたします。御請求金額をお振込ください。※お急ぎの場合は、あらかじめ、その旨お知らせください。契約だけ交わし、入金前でも業務に着手いたします。

(4) 必要書類を当事務所まで送付

委任状、印鑑登録証明書、必要書類(認証が必要な書類)を当事務所までお送りください。

(5) 公証役場で認証手続

当方が認証手続を代行します。

(6) 依頼人様に送付

認証した文書を依頼人様宅へ送付いたします。

 

 

3 認証を受けるために必要な書類

 

① 代理人が役場で手続をする場合

ア 認証を受ける文書
イ 署名者本人の印鑑登録証明書(発効後3か月以内)
ウ 代理人への委任状(実印で捺印)

委任状

住所:東京都〇〇区

氏名:小髙大輔

職業:行政書士

 

私は、上記の者を代理人と定め、別添文書(○○の文書)について、公証人の認証を受けるために必要な一切の権限を委任します。

 

平成○年〇月○日

 

住所:

氏名:                 印※実印

 

 

② 認証を受ける文書の署名が法人の代表者の場合

ア 認証を受ける文書
イ 署名者が代表者であることを確認できる証明書(法人の登記簿謄本等)
ウ 法人代表者の印鑑証明書(発効後3か月以内)
エ 代理人への委任状

委任状

 

住所:東京都○○区

氏名:小髙大輔

職業:行政書士

 

私は、上記の者を代理人と定め、別添文書(○○の文書)について、公証人の認証を受けるために必要な一切の権限を委任します。

 

平成○年○月○日

 

本店所在地:

会社名:

代表取締役:              印※代表者印

 

 

4 ハーグ条約締結国について

 

認証を受けた文書を提出する国が、ハーグ条約に加盟している場合、アポスティーユをつけた認証文書が作成されますので、提出する国の駐日大使館での証明が必要なく、そのまま海外の相手方に提出することが可能となります。

認証を受けた文書を提出する国が、ハーグ条約に加盟していない場合でも法務局長及び外務省の認証のある文章が作成されるので、法務局や外務省に行く必要がありません。しかし、ハーグ条約未加盟国の場合、公証人の認証を受けた後、提出先の国の駐日大使館の証明を受ける必要があります。
駐日大使館での証明手続も代行いたします。

 

[ハーグ条約締結国]

・アイスランド・アイルランド・アゼルバイジャン・アメリカ合衆国・アルゼンチン・アルバニア・アルメニア・アンティグアバーブーダ・アンドラ・イギリス(英国)・イスラエル・イタリア・インド・ウクライナ・ウルグアイ・ウズベキスタン・エクアドル・エストニア・エルサルバドル・オーストラリア・オーストリア・オマーン・オランダ・カーボベルデ・カザフスタン・キプロス・ギリシャ・キルギス・クック諸島・グレナダ・クロアチア・コスタリカ・コロンビア・サモア・サンマリノ・サントメプリンシペ・ジョージア・スイス・スウェーデン・スペイン・スリナム・ソロバキア・スロベニア・スワジランド・セーシェル・セルビア・セントクリストファーネービス・セントビンセント・セントルシア・大韓民国・タジキスタン・チェコ・デンマーク・ドイツ・ドミニカ共和国・ドミニカ国・トリニダードトバコ・トルコ・トンガ・ナミビア・ニウエ・ニカラグア・日本・ニュージーランド・ノルウェー・バーレーン・バヌアツ・パナマ・バハマ・パラグアイ・バルバドス・ハンガリー・フィジー・フィンランド・フランス・ブルガリア・ブルネイ・ブルンジ・ベネゼエラ・ベラルーシ・ベリーズ・ペルー・ベルギー・ボスニアヘルシェゴビナ・ボツワナ・ポーランド・ポルトガル・香港特別行政区・ホンジュラス・マーシャル諸島・マカオ特別行政区・マケドニア旧ユーゴスラビア共和国・マラウイ・マルタ・南アフリカ共和国・メキシコ・モーリシャス・モナコ・モルドバ・モンゴル・モンテネグロ・ラトビア・リトアニア・リヒテンシュタイン・リベリア・ルクセンブルク・ルーマニア・レント・ロシア

※H27年10月31日現在外務省HPより

 

 

5 代行手続報酬

 

・公証役場での認証手続代行

1認証につき10,000円
※2通目以降5,000円

 

・駐日大使館等で認証手続代行

1認証につき20,000円
※2通目以降5,000円

 

・公証役場等での事務手数料及び通常経費(郵送料等)は別途